★中島大輔さんトーク&サイン会<WBC、MLB、中南米野球のリアル>
スペシャルゲスト:小島圭市さん(アリゾナダイヤモンドバックス顧問)" property="og:title" />
サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
平日(月曜日~金曜日)
10:00~21:00
土曜日・日曜日・祝日
10:00~20:00
コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 電子貸本Renta!
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2017年4月13日 (木) 本店

中島大輔さんトーク&サイン会<WBC、MLB、中南米野球のリアル>
スペシャルゲスト:小島圭市さん(アリゾナダイヤモンドバックス顧問)

『中南米野球はなぜ強いのか』(亜紀書房) 刊行記念

中米野球本

 

第3回WBCを制したドミニカ共和国を皮切りに、オランダ領キュラソー、キューバ、ベネズエラを足かけ4年かけて取材してきた中島大輔さん。その動機は、いたってシンプル。「どうして中南米諸国はあんなに野球が強いのだろう?」その答えを探すなかで、少年たちを育てる優れたシステムを目の当たりにし、メジャーリーグが若い才能を発掘するために構えたアカデミーに足を運び、代表監督、コーチ、スカウト、選手らから生の声を集めた集大成の一冊です。NPBとの関係、そして何より深いMLBとの関係についても解き明かします。大きな盛り上がりを見せた2017年の第4回WBCを総括するうえでも、中南米諸国の野球を語らないわけにはいきません。また現在、中南米出身の選手はプロ野球全12球団に在籍しており、2017年のペナントの行方を占う意味でも、非常に重要なピースといえます。世界的に高まりつづける各国野球選手の流動性を俯瞰して語ることのできる素晴らしいゲスト、小島圭市氏をお招きし、濃密な世界野球事情トークをお楽しみください!

 

※トークショー終了後、中島大輔さんのサイン会がございます。
※サインは対象書籍にのみ入ります。それ以外のものにはサインはできません。

 

 

★こちらのイベントは、「ゴールド会員」の方は無料で視聴いただけます。

日時 2017年4月13日 (木) 19時00分~(開場:18時30分)
会場 本店 8F ギャラリー
募集人員 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

1階カウンターにてご参加のお申込みを承ります。
当店で対象書籍『中南米野球はなぜ強いのか』(本体価格1800円)をご購入いただいた際に、参加希望の方へ参加券をお渡しいたします。

参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。

お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)

主催

主催:八重洲ブックセンター    協賛:亜紀書房

中島大輔中島大輔

1979 年埼玉県生まれ。上智大学卒。スポーツ・ノンフィクション作家。

2005 年よりセルティックの中村俊輔を4年間スコットランドで密着取材。帰国後は取材対象を野球に移し、「日経産業新聞」「週刊プレイボーイ」「週刊ベースボール」「スポーツナビ」等に数々の記事を寄稿。第4回WBC開催中は、日本代表戦すべてについて独特の視点で記事を執筆。NewsPicksの記者・編集者としても活躍。著書に『人を育てる名監督の教え』(双葉新書)、『中南米野球はなぜ強いのか』(亜紀書房)がある。

 

小島圭市小島圭市

1968年神奈川県川崎市生まれ。 東海大学高輪台高等学校卒業後、読売巨人軍に入団。96年テキサスレンジャーズとマイナー契約。98年中日ドラゴンズ、99年台湾プロ野球興農ブルズでプレー。 2000年現役引退後、 日本でスポーツマネジメントの会社に就職するもドジャースからの打診を受け、01年より正式にスカウト就任。 斎藤隆投手や黒田博樹投手の獲得に関わるだけでなく、菊池雄星投手と大谷翔平選手を獲得寸前まで交渉を進めたことでも話題に。 現在は、アリゾナダイヤモンドバックス顧問を務める。