★中島岳志先生×荒井裕樹先生トークイベント相模原事件から親鸞の悪人正機説まで、 青い芝の会「行動綱領」から考える" property="og:title" />
サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
平日(月曜日~金曜日)
10:00~21:00
土曜日・日曜日・祝日
10:00~20:00
コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 電子貸本Renta!
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2017年4月7日 (金) 本店

中島岳志先生×荒井裕樹先生トークイベント相模原事件から親鸞の悪人正機説まで、 青い芝の会「行動綱領」から考える

『差別されてる自覚はあるか』(現代書館)刊行記念

荒井祐樹本昨年7月に起きた相模原障害者殺傷事件。

そのほぼ半世紀前に、「障害者は殺されても仕方のない存在なのか」と鮮烈な問いを発した横田弘。

その思想の結晶である「行動綱領」を中心に、横田のことばを丁寧に掘り起こして甦らせた『差別されてる自覚はあるか』。

中島先生・荒井先生による「相模原事件後」を生き抜く思想を探るトーク。

 

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。
(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)

 

★こちらのイベントは、「ゴールド会員」の方は無料で視聴いただけます。

日時 2017年4月7日 (金) 14時00分~(開場:13時30分)
会場 本店 8F ギャラリー
参加費 500円(税込) イベント当日 会場入口にて整理券をご呈示の上、参加費をお支払いください。
申込方法

1階カウンターにてお申し込みください。整理券を差し上げます。
また、お電話によるお申込みも承ります。
(電話番号:03-3281-8201)

整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。

主催

主催:八重洲ブックセンター  協賛:現代書館

《講演者紹介》

中島岳志写真中島岳志(なかじま・たけし)

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。1975 年、大阪府生まれ。『中村屋のボース』(白水社)で、大仏次郎論壇賞、アジア太平洋賞大賞を受賞。著書『秋葉原事件』(朝日文庫)、『「リベラル保守」宣言』(新潮社)、『血盟団事件』(文春文庫)、『岩波茂雄』(岩波書店)、『下中彌三郎』(平凡社)等。

 

 

 

荒井祐樹写真荒井裕樹(あらい・ゆうき)

二松學舍大学文学部専任講師。専門は障害者文化論・日本近現代文学。1980 年、東京都生まれ。著書『障害と文学──「しののめ」から「青い芝の会」へ』(現代書館)、『隔離の文学──ハンセン病療養所の自己表現史』(書肆アルス)、『生きていく絵──アートが人を〈癒す〉とき』(亜紀書房)。