サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
平日(月曜日~金曜日)
10:00~21:00
土曜日・日曜日・祝日
10:00~20:00
コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 電子貸本Renta!
法人向けサービス
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2017年1月29日 (日) 本店

「あなたもできる!作品アイデアの見つけ方」 特別トークショー
田丸雅智さん(ショートショート大賞審査員長)×堀真潮さん(ショートショート大賞受賞者)

第2回ショートショート大賞 応募締切直前!

 2人

2月15日に締め切りが迫った「第2回ショートショート大賞」。その審査員長を務める田丸雅智さんと第1回大賞受賞者で、昨年12月に作家デビューを果たした堀真潮さんがご登場される豪華なトークショー。プロの作家の発想法とは?をテーマに、お二人の創作に対する姿勢や執筆の苦楽などを語っていただきながら、今回は作品アイデアをどのようにふくらませてゆくかを会場で実践していただきます!
「ショートショート大賞」へ応募する方もしない方も、作家の創作の秘密に迫れる贅沢なイベントです。

※イベント終了後、田丸雅智さん、堀真潮さんのサイン会を実施いたします。

 

《「ショートショート大賞」とは》
短い中に目を見張るようなアイデアやあっと驚く結末があり、すぐに読めてしまうにも関わらず読後に長い余韻が残る。それが、ショートショートです。ショートショート大賞は、「ショートショート作家」の発掘・育成を目的に立ち上げられた文学賞です。
第1回目は応募総数7,817篇という文学賞として類を見ない応募数。賞創設や授賞式の様子を記事掲載したメディアは120本超え。受賞作掲載の無料冊子は多くの問い合わせを受け、読者・メディアともに大きな注目を集めました。
現在第2回も開催中。審査委員に太田忠司氏、梶尾真治氏、北野勇作氏を迎え、審査委員長に田丸雅智氏、アンバサダーにはEXILE・橘ケンチ氏に就任していただき、2017年2月15日18:00まで作品の応募を受け付けています。
詳しくは公式HPへ→http://shortshortawards.com/

日時 2017年1月29日 (日) 14時00分~(開場:13時30分)
会場 本店 8F ギャラリー
募集人員 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

当店で対象書籍をお買い上げの際、参加ご希望のお客さまに1階カウンターにて整理券を差し上げております。

(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)

また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03-3281-8201)

キノブックスより刊行の田丸雅智作品(『たった40分で誰でも必ず小説が書けるショートショート講座』本体価格1200円、『ショートショート診療所』本体価格1300円、『ショートショートの缶詰』本体価格1400円、『ショートショート列車』本体価格1300円)
および堀真潮作品(『抱卵』本体価格1400円)以上5点のうちいずれか1冊以上。

主催

主催:八重洲ブックセンター     協賛:キノブックス

田丸さん田丸雅智 (たまる まさとも)

1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年、『物語のルミナリエ』(光文社文庫)に「桜」が掲載され作家デビュー。12年、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。 「海酒」は、ピース・又吉直樹氏主演により短編映画化された。15年、ショートショート大賞の立ち上げに尽力し、審査員長を務めるなど、 新世代ショートショートの旗手として精力的に活動している。 主な著書に『夢巻』『海色の壜』(いずれも出版芸術社)、『ショートショート診療所』(小社)、『E高生の奇妙な日常』(角川春樹事務所)など。

 

 

堀堀真潮(ほり ましお)

甲南大学文学部卒業。2016年、「瓶の博物館」で第一回ショートショート大賞を受賞。『抱卵』がデビュー作。