★倉山 満 先生 トーク会&サイン会" property="og:title" />
サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
平日(月曜日~金曜日)
10:00~21:00
土曜日・日曜日・祝日
10:00~20:00
コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 電子貸本Renta!
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2017年10月23日 (月) 本店

倉山 満 先生 トーク会&サイン会

『国際法で読み解く戦後史の真実』(PHP研究所)刊行記念

アメリカ、ロシア、中国、北朝鮮…。

そうした国々が核兵器を手に激しく火花を散らす中、日本は右往左往するばかり。

にもかかわらず、日本人の多くが、第二次世界大戦前よりも、戦後のほうが人類は進歩し、

文明的になったと考えているのではなかろうか?

だが、第二次世界大戦後、国連をつくり戦争をなくそうとした世界で、

嫌というほど、残虐な殺戮が続いてきたことは、少し考えればわかることだ。

実は、「人類史は進歩している」と考えるのは大間違い。

冷戦と革命と地域紛争と虐殺に明け暮れた戦後期は、むしろ「野蛮に退化した時代」だったのである。

戦争根絶、民族自決、共産主義などの理想が、いかに残虐な世界を作ったか。

日本は、残虐になってしまったこの世界で、いかに生きていけばいいのか。

国際法を切り口として現代史を見ていくと、その大きな流れと各国の思惑が驚くほどによくわかる!

戦後から現代までの世界情勢の謎と闇を一刀両断に解明する斬新な現代史。

 

倉山満2写真

 

第1章 「文明の近代」はなぜ野蛮化したのか

第2章 戦後日本の「諸問題の根源」を国際法で解く

第3章 国際法を理解できない者 VS 理解して破る者の「仁義なき冷戦」

第4章 キューバ危機・ベトナム戦争・文化大革命

第5章 冷戦が終結し、世界はさらに野蛮になった

終 章 あらためて、なぜいま国際法を学ばねばならないか

 

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。

(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)

 

こちらのイベントは、「ゴールド会員」の方は無料で聴講いただけます。

事前のお申込みとゴールドカードのご提示が必要です。

日時 2017年10月23日 (月) 19時00分~(開場:18時30分)
会場 本店 8F ギャラリー
募集人員 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

当店で対象書籍をお買い上げのお客さまに1階カウンターにて参加整理券をお渡しいたします。

また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03-3281-8201)

※書籍の発売前でもご予約を承ります。ご購入は開催当日で結構です。

※参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。

▼対象書籍:『国際法で読み解く戦後史の真実』(本体880円+税)

主催

主催:八重洲ブックセンター   協賛:PHP研究所

倉山満写真《講演者紹介》

倉山 満(くらやま みつる)

憲政史研究家

1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、2015年まで日本国憲法を教える。2012年、コンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講、翌年には「チャンネルくらら」を開局し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を展開している。