★鈴木輝一郎 出張小説講座 in 八重洲 3rd" property="og:title" />
サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月曜日~土曜日
10:00~21:00
日曜日・祝日
10:00~20:00
コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日 電子貸本Renta!
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2019年2月16日 (土) 本店

鈴木輝一郎 出張小説講座 in 八重洲 3rd

『何がなんでもミステリー作家になりたい!』(河出書房新社)刊行記念

全国屈指のプロデなにがなんでもミステリ_書影ビュー率を誇る鈴木輝一郎小説講座の、一日公開講座&公開作品講評、大好評につき、八重洲で3度目の開催です!
今回は、自身も推理作家協会賞受賞作家である鈴木氏の「ミステリーの書き方」トークショー&公開講座です。長丁場ですが決して退屈はしません!作家を目指す方はもちろん、小説好きなら必ず楽しめるイベントです。ふるってご参加ください!

※ゲスト講師に、光原百合さんが緊急参加決定!

※講座終了後、鈴木輝一郎さん、ゲスト作家の皆さんのサイン会を開催します。
〈主任講師&司会〉 鈴木輝一郎
課題図書 『何がなんでもミステリー作家になりたい!』(河出書房新社 1月25日発売)
〈ゲスト講師〉
佐藤青南(『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞)
課題図書『たとえば、君という裏切り』(祥伝社文庫)

高野史緒(日本ファンタジーノベル大賞最終候補、江戸川乱歩賞受賞)
課題図書『翼竜館の宝石商人』(講談社)
似鳥鶏(鮎川哲也賞佳作入選)
課題図書『叙述トリック短編集』(講談社)

〈タイムスケジュール〉

14:00~15:00 トークショー 佐藤青南&鈴木輝一郎「恋愛ミステリー&お仕事ミステリー」

15:00~16:00  トークショー 高野史緒&似鳥鶏&鈴木輝一郎「歴史ミステリー&本格ミステリー」

16:00~16:30 公開作品講評 佐藤青南&鈴木輝一郎&受講生1名

16:30~17:00 サイン会

・サイン用書籍のご購入は、開催前とサイン会の時間に、会場前のカウンターで承ります。

日時 2019年2月16日 (土) 14:00~17:00(開場13:30)
会場 本店 8F ギャラリー
募集人員 80名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

1階カウンターに参加対象書籍をご用意しております。ご購入いただいた方に、参加券をお渡しいたします。(参加券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
また、お電話によるお申込みも承ります。(03-3281-8201)
お電話にてご予約された方は、書籍をご購入いただき、参加券をお受け取りいただいてから、ご入場となります。ご予約後、開演時間までにお求めください。
開演の1時間前からは8階で受付をいたします。
▼参加対象書籍:鈴木輝一郎著「何がなんでもミステリー作家になりたい!」(本体価格1,650円、1/25発売)、佐藤青南著『たとえば、君という裏切り』(祥伝社文庫、本体価格630円)、高野史緒著『翼竜館の宝石商人』(講談社、本体価格1,550円)、似鳥鶏著『叙述トリック短編集』(講談社、本体価格1,600円)以上のうちいずれか1冊
※電話予約は対象書籍の発売前でも承ります。
※鈴木先生とゲスト作家の、他の書籍も会場で販売します。参加対象書籍と会場で販売する書籍にはすべてサインが入ります。当店でお買い求めになった書籍以外のものにはサインできません。

※八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご入場いただけます。ご入場時にカードをご提示ください。

主催

八重洲ブックセンター

 

48414211_242024453361892_2502900064419053568_n鈴木輝一郎(すずき きいちろう)

小説家。日本推理作家協会・日本文藝家協会会員。

1960年岐阜県生まれ。91年『情断!』(講談社)でデビュー。94年『めんどうみてあげるね』で第47回日本推理作家協会賞受賞。エッセイ『何がなんでも作家になりたい!』(河出書房新社)歴史小説『浅井長政正伝』(学陽書房)『桶狭間の四人 光秀の逆転』(毎日新聞出版)など著書多数。

自身の主催する鈴木輝一郎小説講座は全国屈指のプロデビュー率を誇る。奥山景布子(新田次郎文学賞)、水生大海(ばらのまち福山ミステリー文学新人賞)、逸木裕(横溝正史ミステリ大賞)、大空なつき(角川つばさ小説賞)など卒業生多数。

 

50095604_281349625896143_4593652245320433664_n佐藤青南(さとう せいなん)

1975年長崎生まれ。ミュージシャンを経て第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞し、2011年『ある少女にまつわる殺人の告白』宝島社でデビュー。著書に「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ、「白バイガール」シリーズなど。

 

 

 

 

49344641_305141730110468_7958395200567508992_n高野史緒(たかの ふみお)

小説家。1995年『ムジカ・マキーナ』(新潮社)でデビュー。2012年『カラマーゾフの妹』(講談社)で第58回江戸川乱歩賞受賞。近刊は『翼竜館の宝石商人』(講談社)

 

 

 

 

 

49707140_227669431471595_7874984689411293184_n似鳥鶏(にたどり けい)
1981年千葉県生まれ。2006年『理由(わけ)あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞佳作入選でデビュー。著書に「戦力外捜査官」シリーズ、「楓ケ丘動物園」シリーズなど。
51499548_535282783628918_2980378639641608192_n
光原百合(みつはら ゆり)
小説家。1998年『時計を忘れて森へゆこう』(東京創元社)でデビュー。2002年『十八の夏』で第55回日本推理作家協会賞を受賞。2011年、『扉守ー潮ノ道の旅人』(文藝春秋)で第1回広島本大賞を受賞。尾道市立大学芸術文化学部日本文学科教授。 〈撮影:麻生祥代(村上アーカイブス)〉