本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月~土
10:30~19:30
日・祝日
10:30~19:00
八重洲本大賞 レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2021年2月8日 (月) より 開催中 本店

真山仁さん オンライントークショー「震災三部作への想いを語る」 ※直筆サイン本限定通販あり

『それでも、陽は昇る』(祥伝社) 刊行記念

mayama「東日本」から10年、「阪神・淡路」から26年――私たちは二つの震災から何を学び、何を未来へ伝えなければいけないのか。 自らも「阪神・淡路」を経験し、東北の被災地に何度も足を運んだ著者が、真の「復興」とはどうあるべきかを問うた、震災三部作がついに完結。 第1弾『そして、星の輝く夜がくる』、第2弾『海は見えるか』(いずれも祥伝社文庫)、そして完結作『それでも、陽は昇る』に込めた想い、シリーズ執筆の秘話などを熱く語ります。 NHK「おはよう日本」「かんさい熱視線」などでも紹介された著者入魂の物語をお楽しみください。

 

【ご注意】

※生配信はございません。収録したトークショーの配信となります。

※視聴可能期間は2021年2月8日(月)~2021年3月31日(水)です。

※会場参加はありません。オンラインのみとなります。

 

【視聴方法】 サイン本購入、または視聴料金支払いのいずれかでご視聴いただけます。

 

1.サイン本購入による視聴

下記の「震災三部作」いずれかのサイン本1冊以上のご購入による視聴方法です。※八重洲ブックセンター本店でのご購入に限ります。購入方法は後述いたします。

第1作 『そして、星の輝く夜がくる』(文庫、税込748円)

第2作 『海は見えるか』(文庫、税込704円)

第3作 『それでも、陽は昇る』(単行本、税込1,650円)※最新作、2/8発売、完結編

※真山仁さんの、他の著作のサイン本は、トークショー視聴の対象外です。

 

購入方法:通販と、店頭購入がございます。店頭購入は1階サイン本コーナーでどうぞ。

通販の受付はメールのみとなります。お電話ではご注文いただけません。

下記のお申し込みフォームをご送信いただければ、3/3(水)にご希望のサイン本を発送いたします。到着時に、代金引換にてお支払いください。※現金のみとなります。ご了承ください。※送料は無料です(2月28日お申し込み分まで)。

下の「お申し込みはこちら」の文字をタッチしていただくと、メールフォームが起ちあがります。フォーム内の必要事項をご記入のうえ、ご送信ください。

お申込みはこちら

 

※上記の「お申し込みはこちら」をタッチしてもフォームが起ちあがらない場合、下記の必要事項をご記入いただき、送信先メールアドレスまでお送りください。

件名↓

真山仁サイン本希望

本文↓

お名前(フルネーム):

お名前ふりがな(フルネーム):

郵便番号:〒

ご住所:

お電話番号:

ご購入希望サイン本の題名と冊数:

送信先メールアドレス↓

ybc-ev@yaesu-book.co.jp

視聴方法:お送りする書籍に、トークショーがご視聴いただけるQRコードを同封いたします。そちらからご視聴ください。

 

2.料金支払いによる視聴(ご予約は不要です)

書籍をご購入いただかない場合は、視聴料金のお支払いでご視聴いただけます。

視聴料金:550円(税込)

再生時間:約60分(書籍購入でご覧いただけるものと同じトークショーとなります)

※冒頭部分を無料視聴できます。

クレジットカード(VISA、Master)、auキャリア決済がご利用いただけます。

視聴可能期間:2021年2月8日(月)~2021年3月31日(水)

ご視聴はこちらとなります。↓

https://miyocca.com/#/school/8/1/10

日時 2021年2月8日 (月)~2021年3月31日 (水)
会場 本店
主催

八重洲ブックセンター  (協賛:祥伝社)

プロフィール

真山 仁(まやま じん)

 

1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年、企業買収の壮絶な舞台裏を描いた『ハゲタカ』でデビュー。ドラマや映画に映像化された「ハゲタカ」シリーズをはじめ、『売国』『雨に泣いてる』『コラプティオ』『当確師』『標的』『オペレーションZ』『シンドローム』『トリガー』『神域』『ロッキード』など話題作を発表し続けている。