本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月~土
10:00~20:30
日・祝日
10:00~19:30
八重洲本大賞 レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2022年1月22日 (土) 本店

中島岳志✖️三砂慶明トークショー「偶然と想像力」

三砂慶明著『千年の読書』(誠文堂新光社) 刊行記念

「読書室」を主宰する三砂慶明さんが初の著書『千年の読書』を上梓しました。

なぜ人生には本が必要なのか。そのことを本棚から考えた書店員による読書エッセイです。

中島岳志さんは、政治学者です。歴史、思想、宗教、出版文化にとどまらず、『秋葉原事件』のように、現代の私たちにとって本質的な問題とは何なのか、を学問の領域をこえて、問い続けてきました。

仏教にも造詣が深い中島岳志さんが、『「利他」とは何か』に続き、『思いがけず利他』を上梓されました。中島さんは、一見すると正反対に思える「利己」と「利他」が、メビウスの輪のようにつながっていると説きます。さらに、「利他」と「偶然」は強くつながっているのではないか、と問います。

膨大な資料を集め、読み、書きつづけられてきた中島さんに、三砂慶明さんが、読書がもたらす偶然性と、現代社会を生き延びるためのヒントについて、さまざまな書物を通して語り合います。

※会場には三砂慶明さんのみご来場されます。中島岳志さんはリモート参加となります。

 

【開催要項】

※ご参加にはご予約が必要です。最下段の予約受付カレンダーでお申し込みください。また、八重洲ブックセンター本店での対象書籍『千年の読書』(税込1,980円、1/14発売予定)の購入が必須となります。他店でのご購入ではご参加いただけません。

・トーク終了後、ご希望の方には、対象書籍に三砂さんのサインが入ります。

・当日のイベント内容、イベント風景の撮影・録音・録画はできません。

 

■登壇者プロフィール

・中島 岳志(なかじま たけし) ※リモート参加

1975年、大阪生まれ。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。学術博士(地域研究)。2005年『中村屋のボース』で、大仏次郎論壇賞、アジア太平洋賞大賞を受賞。北海道大学大学院准教授経て、現在、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。著書に『ナショナリズムと宗教』、『秋葉原事件』、『「リベラル保守」宣言』、『血盟団事件』、『岩波茂雄』、『アジア主義』、『親鸞と日本主義』、『保守と立憲』、『超国家主義』『自民党』などがある。

 

 

 

・三砂慶明(みさご よしあき)

1982年、兵庫県生まれ。大学卒業後、株式会社工作社などを経てカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社入社。梅田 蔦屋書店の立ち上げから参加。これまでの主な仕事に同書店での選書企画「読書の学校」やNHK文化センター京都教室の読書講座にて「人生に効く!極上のブックガイド」などがある。「WEB 本がすき。」(光文社)などで読書エッセイを連載。本と人とをつなぐ「読書室」主宰。

日時 2022年1月22日 (土) 14:00~15:30(開場13:30)
会場 本店 8F ギャラリー
募集人員 40名 (満席になり次第、受付を終了いたします)
申込方法

下記の予約受付カレンダーにて、当イベントを選択いただき、予約フォームに必要事項をご記入のうえ、送信してください。

※返信メールは下記のアドレスから送信されます。こちらのアドレスからのメールを、受け取れる状態にしておいてください。

reservation@airrsv.net

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場の際はマスクの着用をお願いいたします。また会場内ではマスクの常時着用をお願いします。

※会場入口にて、ご入場時の検温・消毒にご協力ください。37.5℃以上の方の入場はお断りしています。また、会場内ではお客様同士の距離を保ち、会話・飲食はご遠慮ください。

※社会情勢等により、開催中止とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

主催

八重洲ブックセンター  (協賛:誠文堂新光社)

予約受付カレンダーはこちら↓