サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月曜日~土曜日
10:00~21:00
日曜日・祝日
10:00~20:00
コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日 電子貸本Renta!
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2013年11月27日 (水) 本店

春日太一さん×樋口毅宏さん トーク&サイン会

『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』(文藝春秋)刊行記念

4163768106時代劇、任侠映画、エロ映画……66年の歴史を持つ東映京都撮影所の歴史は、日本の戦後史と大衆の欲望をギラギラと映し出す鏡である。
照明、美術、脚本、殺陣師、監督などスターを輝かせるために奔走した裏方・職人たちへの取材で浮き彫りになった「映画よりも熱く、面白い」太秦・東映京都撮影所の舞台裏。
『天才 勝新太郎』が水道橋博士、竹中直人、高田文夫らに絶賛された春日太一氏が10年の歳月をかけて取材し、執筆に3年超をかけた疾風怒涛のノンフィクションが、ついに刊行!
異才の作家・樋口毅宏氏を聞き手に迎え、執筆の裏話や書ききれなかったエピソードなどを、たっぷりと語っていただきます。

日時 2013年11月27日 (水) 18時30分~(開場:18時)
会場 本店 8F ギャラリー
参加費 無料
募集人員 100名(お申込み先着順)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

申込書に必要事項をご記入の上、1階サービスカウンターにてお申込みください。申込書は同カウンターにご用意してございます。また、お電話でのご予約も承ります。(03-3281-8201)

主催

主催:八重洲ブックセンター

kasuga-taichi春日太一(かすが たいち)

1977年生まれ、東京都出身。

日本大学大学院博士後期課程を修了し、芸術学の博士号を取得。

博士論文のテーマは「1970年代の京都撮影所における時代劇製作

の諸相」。著書に『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』『仁義な

き日本沈没』『天才 勝新太郎』『時代劇は死なず!―京都太秦の

「職人」たち』等がある。

 

higuchi-takehiro樋口毅宏(ひぐち たけひろ)

1971(昭和46)年東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ。作家。

出版社勤務を経て、2009年『さらば雑司ヶ谷』で小説家デビュー。

著書に『雑司ヶ谷R.I.P.』『日本のセックス』『民宿雪国』

『テロルのすべて』『二十五の瞳』『ルック・バック・イン・アンガー』

『タモリ論』がある。