本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月~土
10:00~20:00
日・祝日
10:00~19:30
八重洲本大賞 レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2014年8月25日 (月) 本店

いとうせいこう+いとうガビン『親愛なる』トークショー

『親愛なる』(いとう出版)刊行記念

『親愛なる』は一冊一冊内容が異なるパーソナライズ小説です。幻のメール小説『黒やぎさんたら』(いとうせいこう著1997年)に大幅に加筆をし、電子と紙本のサイト「ブックス」で販売しています。「『親愛なる』トークショー」では、『親愛なる』の独特な著者=読者の関係や、パーソナライズドブックのメディア性などについて、常に新しい表現形態を取り入れて来た「いとう出版」二人のいとう、いとうせいこう氏と伊藤ガビン氏に語っていただきます。今回は、書店では手に入らない『親愛なる』を、トークショー+サイン本のセットでお申込みいただけます。当日、出来たての『親愛なる』にサインを添えてお渡しいたします。

※8月16日(土)までにお申し込みされ、イベントに参加された方が対象です。

※トークショー終了後、『親愛なる』をトークショー+書籍購入でお求めいただいたお客様にサイン会を実施いたします。(お持ち込みの書籍、色紙等へのサインはできません。)

IMG_1003_re400

 

『親愛なる』いとうせいこう著

いとう出版発行 BCCKS発売
企画:ボストーク
新書版 並製 一色刷 224ページ
1,900円(税込、送料別)

※発売期間:2014年6月16日~8月31日
申込サイト:http://seiko.bccks.jp
※一般書店では販売しておりません。ご来店いただけないお客様は申込サイトからもお買い求めいただけます。
※申込サイトから購入の場合、トークショーへの参加は抽選とさせていただきます。

日時 2014年8月25日 (月) 19:00~(開場:18:30)終了予定21:00
会場 本店 8F ギャラリー
参加費 書籍代1,900円(税込)  ※書籍はトークショー当日に当店にてお渡しいたします。
募集人員 100名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

申込書に必要事項をご記入の上、1階カウンターまでお持ちください。

(電話・FAX・メールでのお申込みはできません)

※商品の性質上、お申込みいただいた場合のキャンセル/ご返品は承れません。

※8月17日以降のお申込みの場合は、当日書籍のご用意ができませんのでご了承ください。また、書籍にサインは入りません。後日入荷次第ご連絡差し上げます。

主催

主催:八重洲ブックセンター   協賛:いとう出版/ボストーク株式会社/株式会社BCCKS

 

いとう普段いとうせいこう
1961年、東京都出身。88年に小説『ノーライフ・キング』でデビュー。執筆活動を続ける一方、宮沢章夫、竹中直人、シティボーイズらと舞台・ライブをこなす。盟友・みうらじゅんとは共作『見仏記』で新たな仏像の鑑賞を発信するなど、常に先の感覚を走り創作し続ける。また、音楽家としてもジャパニーズヒップホップの先駆者として活躍、現在は□□□(クチロロ)での活動も話題に。
16年ぶりの新作『想像ラジオ』(河出書房新社)では、第35回野間文芸新人賞を受賞。近著に『存在しない小説』(講談社)がある。また、過去の自選作品集『いとうせいこうレトロスペクティブ』シリーズ(河出書房新社)を発表。

 

gabin_photo伊藤ガビン
1963年、神奈川県生まれ。学生時代よりコンピュータホビー誌の編集者として活動。(株)アスキーのパソコンホビー誌『ログイン』の編集を経て、93年、ボストーク(株)設立。編集、執筆、CG制作、映像制作、テレビ番組企画、ゲームソフト開発などを中心に活動中。女子美術大学短期大学部造形学科デザインコース教授。