本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月~土
10:00~20:00
日・祝日
10:00~19:30
八重洲本大賞 レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2015年5月11日 (月) 本店

倉山 満 先生 講演会 ~日本人が捨ててしまった贈り物~

『帝国憲法物語』(PHP研究所)刊行記念

9784569821405「大日本帝国憲法は西洋の猿まね憲法だ」「天皇主権の帝国憲法が、国民に戦争の塗炭の苦しみを強いた」などの議論が横行している。だが、その理解は本当に正しいのか?
歴史をひもとけば、大日本帝国憲法は、幕末明治の志士・元勲たちが命を懸け、多くの人々が切望し、上下一心となってついに勝ち取ったものであったことが見えてくる。西洋列強の脅威から日本を守るために、たった一人で三千人の敵に立ち向かった高杉晋作。強固な意志を貫きつつ「万機公論」を本気で実行しようとした大久保利通。早くから憲法こそが国家の廃興存亡を決すると見抜いていた木戸孝允。そして彼らの意志を継いで真に日本の歴史に立脚した憲法を制定すべく苦闘を重ねた伊藤博文と井上毅――。大日本帝国憲法こそ、わが国の自主独立を守るための「最強の武器」だったのである。だが、しかし……。
日本近代史、諸国の憲法史、さらに国際法と憲法の関係までを視野に入れつつ、帝国憲法の栄光と悲劇をすべて明らかにする意欲作!

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。

(お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)

日時 2015年5月11日 (月) 19時00分~(開場:18時30分)
会場 本店 8F ギャラリー
募集人員 100名(申し込み先着順)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込方法

▼対象書籍 : 『帝国憲法物語』 本体1,300円+税
(発売日:5月1日 ※発売日前でも参加整理券のご予約を承ります。対象書籍のご購入はイベント当日でも構いません。)
▼申込方法 : 当店で対象書籍をお買い上げのお客さまに1階カウンターにて参加整理券をお渡しいたします。(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。) また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03-3281-8201)

主催

主催:八重洲ブックセンター   協賛:PHP研究所

《講演者紹介》

倉山 満 (くらやま  みつる)

憲政史研究家

1973年、香川県生まれ。1996年、中央大学文学部史学科国史学専攻卒業後、日本近代史の泰斗でもある鳥海靖教授に師事し、同教授の退任に伴い同大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、2015年まで日本国憲法を教える。2012年、コンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講、翌年には「チャンネルくらら」を開局し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を展開している。
近著に、『嘘だらけの日露近現代史』(扶桑社)、『世界大戦と危険な半島』(ベストセラーズ)、『逆にしたらよくわかる教育勅語』(ハート出版)、『「軍国主義」が日本を救う』(徳間書店)、『歴史問題は解決しない』(PHP研究所)、説教ストロガノフシリーズ(『かくも根深い「政治の劣化」を叱る!』『「日本の敵」を叩きのめす!』、上念 司氏との共著、PHP研究所)など多数。