<満員御礼>
認知症本人×介護家族×医療者のクロストーク
当事者目線で語り合う 認知症の“本当の姿”" property="og:title" />
サイト内検索
本店フロアマップ
  • 8F
  • 7F
  • 6F
  • 5F
  • 4F
  • 3F
  • 2F
  • 1F
営業時間
月曜日~土曜日
10:00~21:00
日曜日・祝日
10:00~20:00
八重洲本大賞 コーヒーショップ TIFFANY レンタル展示スペース 会議室ご利用のご案内 risoco利創庫 ブックコンシェルジュサービス オンライン書店e-hon 11月1日は本の日 電子貸本Renta!
B-Bee Project
  • facebook
  • twitter
イベント

講演会/サイン会

2016年6月25日 (土) 本店

<満員御礼>
認知症本人×介護家族×医療者のクロストーク
当事者目線で語り合う 認知症の“本当の姿”

『認知症の語り―本人と家族による200のエピソード』(日本看護協会出版会) 刊行記念

ninchisyou-no-katari書籍『認知症の語り』のもとになったのは、

NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパンのウェブサイト「認知症の語り」

に収録されている認知症のご本人やご家族の語りです。

当サイトでレビー小体型認知症の患者としてご自身の体験を語ってくださった樋口さん、

若年性アルツハイマー型認知症の奥様を介護する青津さん、

高齢アルツハイマー型認知症のお母様を介護する長沼さんに、

インタビューから数年経った今の状況や、当時を振り返っての思いを語っていただきます。
さらに、当プロジェクトを担当した研究者・竹内さん、後藤さんと、

フランス生まれの認知症ケアの手法「ユマニチュード」を日本に紹介した

医師、本田美和子さんを交えて、

みんなで当事者目線の認知症ケアの重要性について語り合います。

 

※ご好評につき、満席となりました。

日時 2016年6月25日 (土) 16時00分~(開場:15時30分)
会場 本店 8F ギャラリー
参加費 税込 500円  ※イベント当日会場入口にて整理券をご呈示の上、参加費をお支払いください。
募集人員 80名(申し込み先着順) ※ご好評につき、満席となりました。
申込方法

1階カウンターにてお申し込みください。整理券を差し上げます。

また、お電話によるお申し込みも承ります。

(電話番号:03-3281-8201)

※整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。

主催

主催:八重洲ブックセンター   協賛:日本看護協会出版会

登壇者紹介

本田美和子:国立病院機構 東京医療センター 内科医師、『ユマニチュード入門』著者
樋口直美:レビー小体型認知症当事者、『私の脳で起こったこと―レビー小体型認知症からの復活』著者
青津 彰:若年性認知症の家族の介護者
長沼由紀子:認知症高齢者の家族の介護者
竹内登美子:富山大学大学院医学薬学研究部、「認知症本人と家族介護者の語り」研究代表者
後藤惠子:東京理科大学薬学部、同研究者